HMBのひそめる4つの効果

HMBって最近良く聞きますよね。筋トレマニアの間では、ずいぶん話題になっているのではないでしょうか?

でも、最近世に出回ってきたサプリなので、どのような良い効果があるのか?

そもそもはっきりとした効果があるのか? あまりわかりませんよね、解説していきます。

HMBとは

HMBの説明

HMBは、ヒドロキシ メチル酪酸 という物質の略称です。Bはβ型のBです。

このサプリはアミノ酸とBCAAで作られていています。最近多くの筋トレマニアが効率化を図るため愛用しています。

BCAAと言う言葉もよく聞くのではないでしょうか。

BCAA単体もサプリとして売っていて飲んでいる人もたくさんいます。BCAAがアミノ酸と合わさり進化したのがHMBと考えればわかりやすいと思います。

筋タンパク質の合成の促進

ささみ

一番の魅力はタンパク質の吸収を促進する作用です。簡単に言うと筋トレをして、筋肉をいじめてグレードアップ完了まで普段の食事だと、48時間から72時間はかかります。

超回復ともいったりします。

そこでHMBを取り入れて、体内の血中濃度を上げると、のタンパク質が分解されて筋肉に吸収される時間が縮まり筋肉が大きくなります。

筋肉の分解の抑制効果

循環

残念なことに人間の体は使わない筋肉があると分解してしまうのです。それはそうとも筋肉を維持するためのはたくさんのエネルギーが必要になってくるのです。

家にいらないものがあったら、売るなり捨てるなりしますよね。

筋肉も一緒です。そこでHMBの効果を利用して筋肉の分解を抑制することができるので、どうしても筋トレをしたくても仕事などでできない日ってありますよね。

そういうときにもってこいなのがHMBなのです。

ひとつ間違えてほしくないことがあります。

それはHMBはあくまでも筋肉の分解を最低限に抑えるものであり、筋肉を完全に維持する効果はないので、これを飲んどけば筋肉は落ちないだろう。と甘い考えはしないでください。

筋疲労の軽減+安眠効果

筋肉へ吸収を促進する働きを前半に説明しましたが、HMBの吸収が早いと筋肉への負担の軽減に繋がります。筋肉の負担が少ないと寝るときの安眠にもつながるのです。

細胞膜の破壊を防ぐ役割もあり、筋トレをするとどうしても、細胞膜が破壊されてしまい修復するためにエネルギーを使ってしまいます。

それを防ぐことにより、筋疲労の低下につながるのです。

高齢化による筋力の低下を防ぐ

筋肉の分解の抑制効果の一つに入ることになりますが、高齢化による筋力低下予防する効果もあります。筋トレする人以外にも需要が高まるとも言われています。

おすすめの買い方は?

私のオススメの買い方は、2つあります。

私が思うに、日本のHMBは信用していません。

なぜかと言うと、大量に中国から安い低品質なHMBを輸入し、袋だけ日本語にしてデザインし、詰め替えて、売っている会社がほとんどだからです。

その中でも、安心できる日本のHMBサプリはとにかくたかいから自分はいつも海外のを選んでいます。

なので、HMBを買うのであれば、信頼できる海外のサプリを買うことをおすすめします。

  1. マイプロテインでプロテインと一緒に買う
  2. バーニングカットでHMBを単体で飼う

マイプロテインで購入する


一番のおすすめは、マイプロテインという会社でです。

プロテインをこのマイプロテインで買っている人は多いと思います。

イギリスのプロテイン会社ですが、日本のプロテインと値段を比べると、3分の1以下で買うことができます。

公式サイトも日本語なので、購入から返品まですべて日本語で対応できます。

HMBは1600円ほどなのでプロテインのついでに買うことをおすすめします。

マイプロテインは8000円以上買わないと送料が1800円になってしますので、それの調整で一番サイズの小さいものから選ぶのもいいと思います。

バーニングカットで購入する

これはアメリカで一番売れているHMBサプリです。すでにプロテイをしばらく分買ってしまったという

日本の薬局などに並べられているプロテインといえばザバス!

アメリカでではこのバーンニングカットが普及しているそうです。

一番の強みは、アメリカで一番売れているという実績です。