減量中には必要な栄養素を意図的に制限する脂肪は落ちるが、身体的に危ない時期ってイメージだけど、それをリスクを下げるために簡単にできることは?

こいった疑問にお答えしていきます。

この記事でわかること↓

  • 減量中に気を付けたいこと
  • 減量中出来るだけ避けたい糖の摂取タイミング
  • 糖を摂取するなら何から?白米は減量中には猛毒、、?

体調のコントロールが必要

減量中は運動量に対してのカロリー計算なども大事ですが、それ以上に重要なのが、体調と栄養のコントロールになってきます。



運動量に対してのカロリー計算なども大事ですが、それ以上に重要なのが、体調と栄養のコントロールにななったり、栄養失調など、恐れがあるので、なにを食べるかがとても大事になってきます。


具体的にどんな食事や生活を送ればいいのか体験談やボディービルダーが実際に行っている例を上げて見ます。

普段の食事では朝食のみ炭水化物を摂取

昼食と夕食では炭水化物をカット!!

カットすることにより、摂取するカロリー量を抑えることが出来ます。

またケトジェニックなどの減量方法だと、朝も食べずに1日に20gまでという極度に制限する場合もあります。

朝食べる理由としては、起きている時間に炭水化物を消化するのがポイントです。

炭水化物をカットした分のエネルギーをタンパク質で!

→今までタンパク質不足で筋肉を育てらていなかった部分を補足します。

なるべく肉や魚などから摂るようにしましょう!


減量中のおすすめのプロテインはこのピープロテインです!!

ピープロテインとは↓

えんどう豆から作られるタンパク質を指す。ただし、日常の日本語で「プロテイン」といった場合は、タンパク質を主成分とするプロテインサプリメントのことを指す場合が多く、本項でもこの内容を記す。

ピープロテイン

えんどう豆のから作られたもので、カロリーが低く、お腹に優しくて、ビタミンなども同時に摂取できるのでおすすめです。

マイプロテインのピープロテインの購入はこちら

Amazonや楽天での購入をかんがえている人であれば、こちらの商品がおすすめです。

楽天では在庫が少なかったので、商品がなかったらピープロテインを検索すればチョコレート味もあります!!


筋トレ30前から筋トレ中のみバナナやチョコレート!

減量中に甘いもの?と思う方はいると思いますが、この時間の糖はとてもプラスの効果があるのです。
  • 減量中はエネルギー不足によりフルパワーでの筋肉トレーニングが難しいので、このタイミングに絞っての摂取により全力で筋トレに取り組める。

  • タンパク質の吸収率を高める


もっ質の高い糖を取りたいのであればマルトデキストリンという糖をおすすめします。


筋トレが好きな人であれば、ジムに行くと、何やら怪しい白い粉をプロテインと混ぜて飲んでいるのを一度は見たことがあると思います。

その正体がこのマルトデキストリンなのです。

タンパク質の吸収率を上げるためだけではなく、疲れた体を癒やすためにも、糖を摂取している人も多いと思います。

1kg1000円以内で購入できるので、この際に購入することをおすすめします。

摂取量としては、トレーニングの際に 1 ½ スクープ(50g)を150-250mlの水または好きな飲み物に溶かして摂ることをお薦めします。




1kg1000円以内で購入できるので、この際に購入することをおすすめします。



タンパク質のの吸収率を上げる方法はこちらを参考にして下さい

睡眠時間は極力8時間!

最小限のエネルギーで筋肉を育てるの、充分な睡眠は必要不可欠です。

疲れが最近とれないと感じている人の8割以上は睡眠不足です。

布団に入って5分以内に寝ることができてしまうかたは、睡眠不足だと言われています。

https://hmblabo.com/286.html

トレーニング後だけではなく、就寝前にもストレッチ!

レーニング後にストレッチしただけでは、ボロボロにした筋肉は硬くなっていきます。

筋肉が硬いと血行も悪くなるので筋肉の回復が遅れて筋肉の育ちも悪くなります。

なので最も筋肉を育てる時間帯である睡眠時間の

 直前にしっかり筋肉を柔らかくしておきましょう。

これにより、脂肪の減量と筋肉の増量が同時に行えます!!

最後に

具体的にどんな食事や生活を送ればいいのか体験談やボディービルダーが実際に行っている例を上げて説明していきました。

減量中に理想な体を目指すうえで、参考になればと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございます。